主婦の再就職

児童英語教師【転妻におすすめのお仕事】

転妻の悩みのタネの一つ、”仕事”ですよね。悩みのタネとされる理由はいくつかあがられますよね。数年感覚で転勤となると慣れてきたころにまた転勤といった状態。突然転勤辞令が出るので、仕事先に迷惑がかかるためなかなか仕事ができない。途中で転居してきたため子供の預け先探しに出遅れる。などがあげられます。

転勤がいつまで続くのかという見通しも立たないので、なかなか仕事が始められないという方もいると思います。ただ、お子さんがいらっしゃる場合などは、おそらくどこかのタイミングで転勤についていくのをストップさせるケースも少ないと思います。その時に、何か仕事を始めやすい状態を作っておくというのも一つの手段ではあると思います。

2020年より小学校英語教育が開始

2020年より小学校3,4年生は外国語活動、5,6年生は英語教科化が開始されます。今現在小学校の低学年のお子さんや幼稚園のお子さんがいらっしゃる親御さんたちは、英語への取り組みを意識し始めてるかたもたくさんいると思います。

新しく導入されるものって、自分がそのときにあたってしまうと損であることもあるんですよね。例えば資格試験などでも試験方式が変わる最初の試験は、過去問がないなどどういうものかが予測がたたない。全員が初めてなので、混乱がつきものといったように。ただし、利点もあるんですよね。試験なんかは、混乱を考慮して試験問題が易しく作られてるなど。

導入される時というのは、損な面もあれば、得な面も大いにあるということです。

この小学校の英語教育の取り組みでは、受ける側はもちろなですが、教える側の準備というものが必須となるんですよね。そもそもこっちがしっかりしていないと意味がないというか(笑)

児童英語教師

小学校で英語が開始されたら誰が教えるの??今の小学校の教員??と言っても、教員全員が英語を教えられるとも思えません。そうなったときに、民間の英語教師による指導というものが導入されるようです。ただし、英語ができれば誰でもいいですよ!!!としてしまうとね、、、、、ですよね。小学校英語指導者認定協議会、「J-SHINE」というところの認定資格を取得すると小学校での英語指導を優位にできることができるのです。

児童英語教師というものがこれから導入されるとなると、何年かすると飽和状態になってしまうんですよね。なんでもそうです。なので、今から準備して、そのときに備えるというのが大事になってきます。

まとめ

今は子供が幼稚園なので仕事ができない、、、、とか、仕事はできないけど勉強する時間は確保できる、、、、、とか、英語は得意、、、とか、そういう気持ち思いがある方にはおすすめです。

転妻ってなかなか思うとおりに事が運ばない思いがあります。今は準備期間として、子供が小学生になったとか、高学年になったとかそのくらいのタイミングに照準を当ててみるのもいいかと思います。学校での仕事になるので、そもそも子供のスケジュールにあった仕事になります。それも大きな利点。

さらに、自宅で英語教室を開いたりなども努力次第できるのかもしれませんね。

 

すてきな主婦のみなさまのサイトがたくさん
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ