主婦の再就職

専業主婦が10年ぶりに仕事復帰した本音~小規模な会社に勤めるとこんな感じだった

子供が小学生になった頃から週3日ほど働くようになりました。それは10年ぶりの仕事。自分に対する自信もそうですが、社会がどのように変化しているのかどうかもわからないくらい久しぶり。

10年前は正社員として数百人規模の会社に勤めていました。10年ぶりに復帰した会社は十数人規模の小さいIT関連会社(A社)。そして、今は10人以下の社労士事務所(B社)。規模の違いだけとは言い切れませんが、実際に感じた色々な違いには驚くこともありました。そういった驚きなどを含めて感じたことをまとめたいと思います。

小規模な会社に勤めて感じたこと

マニュアルがない

大小関わらずあるあるな内容ですが、マニュアルがないです。いやいやしっかりとマニュアルあるよ!!という会社ももちろんあると思います。

私が入った会社に関して言うと、A社にしろB社にしろ小規模少人数なのでマニュアルを作る余裕がないといった印象です。A社に関して言うと、一部マニュアルがあったりしましつぁし、マニュアルは作るべきとは思っているんだろうけど、その時間がないといった感じでした。B社に関しては、そもそもマニュアルというものへの関心がないようにも思います。全てが口頭。

決まりきった定型の作業ならば、当然マニュアルが大活躍。顧客ごとで細かく対応が異なるならば、それをまとめた一覧などがあると大活躍。それがないんです(笑)すべて口頭。なかなかの効率の悪さを生みます。もし、聞き漏らしたりメモが不十分だったら、再度聞かないといけません。マニュアルよ、、、、

ルールがない、あっても曖昧

作業をする上で統一するためのルールがあったりすると思います。それがなかったり、あってもとても曖昧な印象です。

マニュアルに通じるものでもあるのですが、ルールを決めて一覧にしてあれば、わざわざ聞かなくてもすむこともあるのですが、それがいちいちないんですよね(笑)

酷い時はルール自体が作られてない場合もあります。パートという立場上、何かを決定するということはしないのですが、ルールがないと先に進めないんですよね。これもとっても効率の悪い状態だなぁと感じました。

暇な時はマニュアルなり、ルール一覧なりを作る時間に充てるということです。

業務に掃除が含まれてくる

数百人規模の会社にいた時は、業務に掃除が含まれることなどなかったのですが、小規模の会社となると掃除は誰かがやるしかない状態なんですね。お恥ずかしながら始めて気が付きました。

トイレもオフィスビルの共有トイレなら掃除不要なのでしょうが、小さいビルの事務所フロア内にトイレがあるとトイレ掃除も含まれてくるのです。

これも考えようですよね。自分が使ってるオフィスなんだから!!という考えもできますし、掃除が業務に含まれない仕事をしたい!!という考え方もできます。本音で言うと、後者ですけどね。

人数が少ないから?少ない割に?好き勝手してる

ルールがないという点にも通じる部分でもあるのですが、共通のことに対して統一するという心がけがないのかな??という印象を持ちました。

少人数だからこそ、そこは容易にできるのかと思っていたのですが逆でした。人数が多いほど、そういう部分の統一が図れない時のダメージを認識しているのか、しっかり統一していたように感じます。

少人数ならすぐに統一を図れるでしょ!という気持ちからか、一切統一が図れてなく好き勝手やってる部分が多く見られます。

パートで入るとそいうい状態が一番戸惑います。いちいち確認しないといけない面倒くささ。最初からルール化してさえくれていればというところなんですけどね。

さらには、正真正銘の好き勝手で言うと、自分の好みで歌詞ありの音楽をまぁまぁのボリュームで流す。これは、なかなかびっくり仰天でした。周りの方が許してるんですよね。仕事に支障のないレベルのBGM的な音楽を流す会社はあると思うのですが、歌詞ありのまぁまぁのボリューム。完全に家状態です。

久しぶりに仕事復帰をすると様々なギャップを感じるものです

良いとか悪いとかではなく、会社ごとで全然違うというのは事実ですよね。それが会社規模違うと顕著に違いを感じるように思います。

主婦の再就職はどういった条件のもと探すべきかお子さんを出産したあとは専業主婦をしていた方も、ある程度の時期を迎えたらそろそろ仕事 仕事探しで考えておくべき条件 主婦が仕...

すてきな主婦のみなさまのサイトがたくさん
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ