転妻の生活

転勤妻の私が里帰り出産をしなかった理由

もやつま
もやつま
転妻の皆さんやご実家から離れた場所に住んでる方は里帰り出産をされましたか?私は里帰り出産をしませんでした。元々は、里帰り出産って当たり前のものと思ってたのですが、、、、色々と考えると里帰り出産をすることにあまりメリットを感じませんでした。

里帰り出産が当たり前と思っていた

自分が出産するまでは、実家が遠方にある場合は里帰り出産をするものだと思っていました。単純に、出産の際や、その後の赤ちゃんとの生活をスタートさせる時に、実母がいるのといないとでは心細さが違うだろうという考えでした。

里帰り出産をしないという選択肢があるということを知る

私が妊娠・出産をするまでに友人が出産をしました。その時の様子などを聞く機会がありました。その友人も実家が遠方でした。てっきり里帰り出産をしているものだと思っていたら、里帰りをせずに出産をしていました。その代わり、退院後の生活は実母と義母が何週間づつかバラバラに来てくれたようです。

実母と義母が自宅に来てくれてお世話してくれるなんて、かなり恵まれたケースかもしれません。しかし、こういうやり方もあるんだ!と初めて知りました。

もやつま
もやつま
里帰り出産は当たり前のものくらいに思ってたところがありました。選択肢として里帰り出産をしないというのもあるんだ~と漠然と思いました。

実際に妊娠・出産をして

そして、実際に妊娠・出産をしました。転勤先なので、もちろん家族が近くにいるわけではありませんでした。夫以外の家族はいません(笑)里帰り出産をするという選択肢ももちろんあったのですが、私が実際に選んだのは、里帰り出産をしないという選択でした。

この選択をする際に、夫がどれだけ協力的であるかなどの条件も整わないと選択できないことかもしれません。里帰り出産をしたことがないので、比較することもできませんが、振り返ってみたら里帰り出産をしなくてよかったな~と感じています。

里帰り出産をしないメリット

自分の家という気軽さ

いくら自分の実家とは言え、一度出てしまうともはや自分の家ではないです。産後の敏感になってる時に、自分のスタイルとは違う母親のスタイルに合わせて生活しなければなりません。

その期間中、至れり尽くせりで生活できればいいですが、そうもいきません。結婚・出産のタイミングが遅くなってきています。それと同時に親世代も高齢になっています。至れり尽くせりができるほど若くないというのも実際のところだと思います。里帰りの期間が長くなればなるほど、お互いストレスも溜まってしまう場合もあります。それにひきかえ、自分の家であれば自分のスタイルで自由に生活ができます。

親に干渉されない・口出しされない

慣れない育児が始まると、頼りたくなるのは実母。何でも聞けるし、実際に色々と助けてくれます。しかし、それと同時に口出しが多いのも事実。時代が違うが故に、昔の育児の常識と今の育児の常識が違うのもあり、口出しされたことに納得のいかないことがあるのも事実。

あまりに口出しされすぎると、どこか自信をなくしてしまったりすることもあります。実母としては、親心として言っているのかもしれませんが、それが重荷になることもあります。

夫と一緒に育児をスタートできる

里帰り出産をしないことの最大のメリットはこれかもしれません。育児を夫と一緒にスタートできるという点です。

ただでさえ、女性と男性では親になったと自覚できるタイミングは違うと思います。下手したら、自覚を持てないまま時が過ぎていってしまう人もいるかもしれません。そもそものスタートが違うのに、里帰り出産をしてしまうと、自分と夫の育児スキルの差がどんどん広がってしまうと思いました。

もやつま
もやつま
お腹の中で成長していく我が子と10か月過ごした母親とそれを見ている父親とでは、親になることへの自覚は違うのではないかなぁと思います。

転勤族の方にしろ、親が遠方である方にしろ、その後の生活で頼れる家族が近くにいません。夫が育児の戦力であることが私にとって絶対的に必要なことだと考えました。今はまだどれだけイクメンでも父親と母親とでは、育児のスキルに差がどんどんひらいてしまいます。その差がなるべく大きくならないように育児を一緒にスタートさせました。

もやつま
もやつま
転勤族の身としては、夫をどれだけ戦力にするかによって大きく変わってくるよのよね。

子供を見ることができるのは、私か夫である以上、夫が一人で子供を見れるようにしておかないと、その後の私自信の自由度が大きく変わると考えました。

実際に里帰り出産をしなかったことはよかった

里帰り出産をしなかったことで大変なことももちろんあったと思います。親に頼れた方が楽なこともあります。

しかし、その後転勤先で育児をしていく上では、私と同じだけ夫も育児の戦力である必要があります。頼れるのは夫だけ。全ての人がこの状況を作れはしないと思いますが、転勤先での孤独な育児。自分だけで抱えこむとしんどくなります。

夫の理解と協力さえあればフル活用すべきだと思います。(本心では理解も協力も言葉が違う。だってあなたは父親なんですから~という気分です(笑))

 

すてきな主婦のみなさまのサイトがたくさん
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ