転勤族の情報

転勤族の妻だって稼ぎたい!おすすめしたい働き方

転勤族の妻だって稼ぎたい!おすすめしたい働き方

転勤族の妻の方にとっても悩みの一つが『仕事』ですよね。いつ転勤があるのかわからない状態で、自分の人生設計を描くことが難しいです。

そういう中でも、今は様々な働き方があります。もやもやと悩むよりも、一つでも何かできることをできる範囲でチャレンジできればと記事にしました。

転勤族の妻におすすめの働き方について、転妻の私が実際に経験した働き方を解説していきます。ぜひ転妻の方の参考になればと思います。

転勤族の妻が働く上でネックとなること

転勤族の妻の永遠の悩みは”働くこと”です。なかなか地に足をつけて働くことができないので、やりがいも感じにくくなってしまいます。

転勤によってキャリアが途切れてしまう

転勤族の妻が働くことに悩みを抱えてしまう原因の一つにキャリアが途切れてしまうことがあります。

転勤によって、それまで積み重ねてきたものが全て断絶されてしまうように感じます。

ある程度の人生設計を描きながら経験を積んでステップアップしていきたいところを、転勤があることによって人生設計を描くことができません。

なかなか転勤族の妻が納得のいく仕事をするに至らない原因になると思います。

 

家族が遠方で子供を預かってもらえる環境がない

転勤族にとってネックになるのが、お子さんがいらっしゃる場合に預かってもらえる環境にないということです。

転勤族の方はほとんどの場合、近くに家族が住んでいることはないと思います。仕事を始めたいと思った時に、いざという時の子供を預かってもらえる環境にないという点が悩みの一つになります。

 

転勤族の妻が稼ぐためにおすすめしたい働き方

転勤族の妻が働く時にネックになることを書いてきました。そういった中でも、できる限り自分の思いも尊重しながら働ける方法を解説していきます。

ここから紹介する働き方は、転勤族の妻である私が実際に経験した働きかたです。転勤族の妻でも稼ぎたい!という思いの方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

短期の派遣

転勤族の妻だって稼ぎたい!おすすめしたい働き方

一般的とも言えますが、短期の派遣です。転勤族の妻にとって、突然の転勤辞令の時に困ってしまいます。

転勤族ということを理解してもらった上で働けるという環境を手にいれることが一番ですが、なかなか難しいです。

そういった時に、期間限定の短期派遣などはおすすめです。特にお子さんの長期休みなども避けることもできるので、そういった意味でも働きやすいと思います。

 

自分のスキルを活かして自宅教室を開く

次におすすめなのが、自分のスキルを活かした自宅教室です。料理教室、パン教室、ヨガ、アロマテラピー、手芸など様々なジャンルがあります。

どこかで、期間を決めてスキル習得をして教室を開くのもいいと思います。

特におすすめなのが、地方などのあまり教室があまりない場所です。私も地方に転勤になった時にパン教室をしていました。上の画像は実際にパン教室のHPに掲載するために撮影した画像です。

集客は、HPを作成するだけでしたが需要があったのか、それなりに生徒さんが来て下さいました。また、教室の数が少ないので、テレビや雑誌の取材依頼などもありました。

田舎に転勤になって寂しい、、、という方にはぜひおすすめしたいです。

 

パソコン一つでWebサイト運営

転勤族の妻だって稼ぎたい!おすすめしたい働き方

最後におすすめしたいのが、パソコンを使ってWebサイトを運営することです。転勤族にとって大切なことは、どこに行っても仕事ができるということです。

今でこそ、これまで出勤しなければならなかった会社でも在宅での求人募集もあったりします。それもおすすめですが、Webサイト運営は自分の都合で全てをコントロールできるので、転勤族の妻が稼ぐためにはおすすめです。

自分でドメインを取得して、レンタルサーバーを契約します。そして、ワードプレスを使ってサイトを作成します。そこにアフィリエイト広告を貼ることで、収益を発生させるという仕組みです。

転勤族の妻だと、地に足をつけてしっかりと仕事をしたい!と思ってもなかなかそれが叶いません。そういうもどかしい気持ちの方に、一度チャレンジしてもらいたいです。

自分で考えて、小さな事業を一人で動かすようなイメージです。これまで仕事に活かすことができなかった自身の経験やスキルを、工夫次第ですべて活かすことができます。

◆ワードプレスなどの知識を学べる女性向けWEB系スクールSHElikes(シーライクス)はコチラ!
女性向けWEB系スクールSHElikes(シーライクス)無料体験

 

転勤族の妻におすすめしたい働き方のまとめ

転勤族の妻が、これまで納得のいく形で仕事をするのは難しかったです。しかし、今は在宅ワークや自分でできる仕事などの選択肢が増えつつあります。

そういった選択肢を選ぶことができるのは、逆に転勤族の妻だからこそでもあります。

ぜひ、もやもやと悩んでいる転妻の方には、チャレンジしてもらいたいです!