生活の情報

転勤族の家電選び~おすすめ冷蔵庫をご紹介

転勤族におすすめの冷蔵庫をご紹介します。

実際に使ってみてどういった点がよかったのか、この冷蔵庫でなかったらどれほど不便だったのかなどを詳しく解説します。

転勤族にとって家電・家具選びは悩みのたね。その悩みを一つ解消できると思います。

転勤族にとって家電選びが悩みとなる理由

転勤族にとって、なぜ家電選びが悩ましいものなのか?

それは、転居の回数が多いこと、そして住む家によってその家電が合うかわからない点だと思います。

転勤族にとって冷蔵庫選びの懸念事項
  • あまりに大きいサイズを買ってしまうと、次に住む家が小さい場合は大きすぎて困る
  • 住む家の冷蔵庫配置によって、右開きか左開きがいいのかが異なる
  • 住む家によっては、内階段のあるアパートの場合がある(搬入しにくい)

住む場所(都市部か地方か)によって住居の大きさが異なります。それによって冷蔵庫の大きさがネックになることもあります。

次に、冷蔵庫を配置する場所は間取りによってだいたい決まっています。その際に、右開きがいいのか左開きがいいのかが違ってきます。

3つ目は、地方などでよくある住居になります。2階建てのアパートで2階の住戸の玄関が1階にあり内階段になっている物件です。内階段というのがなかなかの曲者です。大きい家電の搬入がしずらいです。最悪、ベランダからの搬入となり追加料金を取られる可能性もあります。

もやつま
もやつま
以前に住んでた家が内階段の家でしたが、家電の搬入が本当に大変そうでした。内階段の場合、階段を昇りきるところがL字になってること多いんです。

冷蔵庫の幅や大きさはどれくらいがいいの?

冷蔵庫の大きさは家族構成が影響するので、ここでは家族4人を目安にします。

単純に、幅は小さければ小さいほど、物件探しの際に自由がききやすくなります。しかし、ファミリー世帯である以上、お子さんもこれから大きくなって想像以上に冷蔵庫の必要性を感じたりもすると思います。

生活スタイルによっては、『冷蔵庫にたくさんのつくりおきをしたい』とか、『買い物は週に1回なのでたくさん入らないとダメ』とか、『冷凍庫が大きめがいい』とかいろいろな要望もあると思います。

ファミリー世帯である以上、幅は最低でも55センチ以上の冷蔵庫が必要ではないかと思います。そのサイズであれば3~4人分に対応した冷蔵庫あります。お子さんがこれからどんどん大きくなって、食べる量が増えるという場合は、もう少し大きめを選択するべきだはないかと思います。

それでは、最大サイズとしてどれくらいのものであればいいのでしょうか?

住む地域によっては内階段のあるアパートが多い場所があります。内階段とは、2階建てアパートで外に共有階段があるのではなく、1階に玄関だけがあってそのまま階段を上がって2階に部屋があるというタイプのことをいいます。

この内階段がなかなか曲者で、そのまままっすぐの階段であれば問題はないのですが、階段を登り切る直前くらいで階段がL字に折れてたりするんです。

このような搬入のしやすさを考慮すると、最大でもだいたい65センチ以下にしておくのが無難かと思います。(内階段が入らなければ、ベランダからという考えもありますが、賃貸のベランダの手すりの強度が弱くて不可能という場合もありますので。)

冷蔵庫は右開きがいいの?左開きがいいの?

冷蔵庫は、住む家によって求められるものが違うということを考慮して、右開きのものと左開きのものどちらも販売されている場合があります。

マイホームであれば、ずっとその配置になるのでその住まいに相応しい方を選べばいいと思います。

しかし、転勤族の場合、住む家によって右開きがいい場合もあれば左開きがいい場合もあります。

↑例えば、上の写真のような配置の場合、左開きの冷蔵庫が相応しいです。

↑次に、この写真の住居で奥に冷蔵庫を配置しようと思ったら、右開きが相応しいです。

このように住む家によって右開きがいい場合もあれば、左開きがいい場合もあります。配置する場所に選択肢があればまだいいですが、選択肢がない場合もあります。

これらの問題をクリアした冷蔵庫でオススメなのが、、、

シャープの左右開きタイプの冷蔵庫です!

もやつま
もやつま
我が家もシャープの左右開き冷蔵庫を使っていますが、新しい住居で冷蔵庫の配置に悩まなくていいです!どこにおいても、どちらからでも開けられるので本当に便利。一度使ったらずっとこのシャープの左右開きをやめられないです。

物件によっては、冷蔵庫を配置できる場所が2か所ある場合もあります。

2か所あったとしても、配置として当然こちらでしょ!とか開く方向的にこちらでしょ!という場合が多いと思います。

冷蔵庫は毎日使うもの。小さなストレスが積み重なるとなかなかのものなると思います。

まとめ

冷蔵庫は毎日使うものなので、ある程度の使いやすを追求したくなります。住む家が変わるという制約を考えると、選ぶのがとっても難しくなります。

シャープの冷蔵庫は、実際に転勤で住まいが変わった場合にも問題なく使うことができたという観点でオススメしています。

容量を重視したり、メーカーを重視したい場合は、選択肢が変わってくると思います。転勤族であっても自分にとって使いやすい冷蔵庫を選ぶのはとっても大事だと思います。

\家具もレンタルする時代です/